小鼻

小鼻の周りは皮脂や古くなった角質やファンデーションが残り角栓に

顔の中心である鼻は、目立つ場所でありながら汚れが溜まり易い場所でもあります。特に小鼻の周りは皮脂だけでなく、古くなった角質やファンデーションが残留したり、大気中の汚れも付着し易い場所ですので、きちんと洗顔が行われていないと、あっという間に毛穴に汚れが詰まってしまいます。

そんな毛穴の汚れや角質が蓄積されて、固まってしまったものが角栓と言います。角栓は、小鼻を力強く指でつまむと、小鼻の毛穴からニュルっと飛び出してくる白いラード状のものになります。これが一度固まってしまうと、ニキビの原因になるとも言われており、早い段階での除去が必要でしょう。

しかし、普通に洗顔しただけでは、角栓をなかなか落とし切れません。その理由として皮脂やたんぱく質の固まりは、洗顔料で落とせるほど柔らかくは無いからです。最近では毛穴パックと呼ばれるもので、スッキリと角栓を除去できますが、あまり回数を重ねると、逆に毛穴を大きくしてしまったり、肌を痛める恐れがありますので注意が必要です。

角栓除去の適切な方法として、まずはクレンジングをしっかりと行いましょう。クレンジングには鼻専用のクレンジングフォームを使っても良いでしょう。体温で角栓を柔らかくするようなイメージで、優しく指の腹を使い小鼻を撫でるように洗っていきます。一回でしっかりと角栓を落とし切れなくても、毎日クレンジングを繰り返す度に、角栓は自然に毛穴の外に押し出されていきますので、根気良く続けましょう。

そして、クレンジングの後は化粧水などでパッティングを行い、必ず小鼻の毛穴の引き締めを行います。このひと手間で毛穴が小さくなりますので必ず行ってください。

このように、小鼻の角栓をマメに除去して、ニキビ知らずの美しい肌を目指していきましょう。